消防車(しょうぼうしゃ)紹介(しょうかい)

水槽(すいそう)(つき)消防(しょうぼう)ポンプ自動車(じどうしゃ)

水槽(すいそう)(つき)のポンプ(しゃ)で、(くるま)(みず)のタンクが()いています。消防署(しょうぼうしょ)ではタンク(しゃ)()んでいます。
タンクには2,000リットルの(みず)(はい)ります。みなさんの(いえ)のお風呂(ふろ)(やく)10(はい)(ぶん)(みず)()んでいることになります。そのため、火災(かさい)現場(げんば)到着(とうちゃく)したら、消火栓(しょうかせん)やプールなどがなくても、すぐに放水(ほうすい)することが出来(でき)ます。

水槽付消防ポンプ自動車前方の写真 水槽付消防ポンプ自動車横向き(シャッター開き)の写真水槽付消防ポンプ自動車横向きの写真

消防(しょうぼう)ポンプ自動車(じどうしゃ)

ポンプ自動車(じどうしゃ)消防車(しょうぼうしゃ)代表(だいひょう)です。ポンプ装置(そうち)をつかって、放水(ほうすい)したり、ほかの消防車(しょうぼうしゃ)(みず)(おく)ったりする(くるま)です。消防車(しょうぼうしゃ)(おお)きい(くるま)(おお)いですが、ポンプ(しゃ)比較的(ひかくてき)(ちい)さい(くるま)のため、(せま)(みち)通行(つうこう)することができます。ホースカーが()んであり、(とお)くにいる消防車(しょうぼうしゃ)までホースを(らく)()ばすことが出来(でき)ます。

消防ポンプ自動車横向きの写真 消防ポンプ自動車横向き(はしごが降りている)の写真消防ポンプ自動車後ろ向き(ホースカーが出てきている)の写真 消防ポンプ自動車後ろ向き(ホースカーが車内に収納されている)の写真

救助(きゅうじょ)工作車(こうさくしゃ)

救助(きゅうじょ)工作車(こうさくしゃ)は、火災(かさい)()(おく)れた(ひと)交通(こうつう)事故(じこ)(くるま)(なか)()()められている(ひと)(かわ)やプールでおぼれた(ひと)などを救助(きゅうじょ)するための道具(どうぐ)を、たくさん()んでいる(くるま)です。
(くるま)にはクレーンやウインチ、照明(しょうめい)装置(そうち)などが()いています。レスキュー(しゃ)とも()ばれています。

救助工作車前方の写真 救助工作車横向きの写真救助工作車横向き(クレーンが出ている)の写真

小型(こがた)動力(どうりょく)ポンプ()水槽(すいそう)(しゃ)

水槽(すいそう)(しゃ)には10,000リットルの(みず)()んであります。みなさんの(いえ)のお風呂(ふろ)(やく)50(はい)(ぶん)(みず)()んであります。
消火栓(しょうかせん)などがない場所(ばしょ)でもたくさんの(みず)()すことが出来(でき)るので、(みず)がない場所(ばしょ)大活躍(だいかつやく)します。

小型動力ポンプ付水槽車前方の写真 小型動力ポンプ付水槽車横向きの写真小型動力ポンプ付水槽車後部の写真

(こう)規格(きかく)救急(きゅうきゅう)自動車(じどうしゃ)

ケガをした(ひと)(きゅう)病気(びょうき)(ひと)を、病院(びょういん)搬送(はんそう)する(くるま)です。救急(きゅうきゅう)救命士(きゅうめいし)()っていて、高度(こうど)応急(おうきゅう)処置(しょち)(おこな)いながら、病院(びょういん)()かうことが出来(でき)ます。

高規格救急自動車右向きの写真 高規格救急自動車右向き(右のドアが開いている)の写真高規格救急自動車左向きの写真 高規格救急自動車後部(車内が見えている)の写真