宮城県ドクターヘリについて

ドクターヘリの写真

ドクターヘリとは?

ドクターヘリは医療機器などが装備された救急医療用のヘリコプターです。医師や看護師といった医療スタッフが搭乗し、救急現場に向かいます。救急現場付近の公共施設や学校のグラウンドなど(ランデブーポイント)に着陸し、傷病者に早い段階から治療をはじめることができるため、救命率向上、後遺症の軽減などの効果が期待されます。宮城県では、県内ほぼ全域に30分以内で到着することが可能です。ドクターヘリは、原則として、悪天候時以外の朝8時30分から日没まで毎日運航します。

※ドクターヘリは119番通報を受けた消防署が、基準に基づき要請しますので、一般の方が直接要請することはできません。

ご協力をお願いします

ドクターヘリの離着陸時には、騒音と強風が吹き、軽量の物が飛ばされたり、砂ぼこりが舞う危険性があります。消防隊の安全管理の指示に従って、絶対に近づかないでください。みなさまのご理解、ご協力をお願いいたします。

亘理町・山元町のランデブーポイント

亘理町ランデブーポイントマップはこちら(PDF:239KB)

山元町ランデブーポイントマップはこちら(PDF:220KB)