○亘理地区行政事務組合消防職員の勤務時間に関する規程

昭和47年10月11日

規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、亘理地区行政事務組合職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年条例第1号。以下「条例」という。)及び亘理地区行政事務組合職員の勤務時間、休暇等に関する規則(平成7年規則第3号)の規定に基づき、亘理地区行政事務組合消防職員(以下「職員」という。)の勤務時間に関し必要な事項を定めるものとする。

(勤務区分)

第2条 職員の勤務区分は、次のとおりとする。

(1) 消防長が必要と認める職員は、毎日勤務者とする。

(2) 前号に掲げる者以外の職員は、隔日勤務者とする。

(3) 消防長は、隔日勤務者を1部、2部に2分し、各隊の勤務人員がほぼ等しくなるように編成するものとする。

(勤務時間)

第3条 職員の勤務時間は、次のとおりとする。

(1) 毎日勤務者の勤務時間は、休憩時間を除き1週間につき38時間45分とし、その割り振りは月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までとする。

(2) 隔日勤務者の勤務時間は、休憩時間を除き4週間を超えない期間につき1週間あたり38時間45分とし、その割り振りは午前8時30分から翌日の午前8時30分までとする。この場合において、隔日勤務者の勤務及び執務については、別表の標準により所属長がこれを定める。

2 所属長は、事務に支障を生ずる恐れのある場合は、前項の割り振りを適宜変更することができる。

(週休日)

第4条 毎日勤務者の週休日は、日曜日及び土曜日とする。

2 隔日勤務者の週休日は、8週間を通じて14日及び指定週休日とし、その割り振りは所属長が定める。

3 所属長は、前項の割り振りについて、事前に勤務表を作成し、消防長に報告しなければならない。

(休憩時間)

第5条 毎日勤務の職員の休憩時間は、午後零時から午後1時までとする。

2 隔日勤務者の休憩時間(仮眠時間を含む。)は、1当務につき8時間30分とし、その割り振りは別表により所属長が定める。

3 前2項に定める休憩時間中に勤務を命ずる場合又は命じた場合は、別に休憩時間を与えることができる。

(休日勤務)

第6条 隔日勤務者は、条例第9条に規定する休日が勤務日に当たる場合は、勤務に服さなければならない。

(委任)

第7条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は消防長が別に定める。

附 則

この規程は、昭和47年10月11日より施行する。

附 則(昭和48年5月1日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和51年4月8日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和51年4月1日から適用する。

附 則(昭和52年3月15日規程第5号)

この規程は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年2月12日規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年3月28日規程第28号)

この規程は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年12月24日規程第4号)

この規程は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月31日規程第4号)

この規程は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成10年7月27日規程第2号)

この規程は、平成10年4月1日より施行する。

附 則(平成18年10月1日規程第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年7月30日規程第8号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月18日規程第2号)

(施行期日)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月27日訓令第31号)

この訓令は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第3条・第5条関係)

隔日勤務者の勤務及び執務の標準

画像

亘理地区行政事務組合消防職員の勤務時間に関する規程

昭和47年10月11日 規程第1号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第8類 防/第3章
沿革情報
昭和47年10月11日 規程第1号
昭和48年5月1日 規程第1号
昭和51年4月8日 規程第1号
昭和52年3月15日 規程第5号
昭和57年2月12日 規程第2号
平成3年3月28日 規程第28号
平成4年12月24日 規程第4号
平成7年3月31日 規程第4号
平成10年7月27日 規程第2号
平成18年10月1日 規程第4号
平成22年7月30日 規程第8号
平成28年3月18日 規程第2号
平成31年3月27日 訓令第31号